英語教育の変化とそれに伴って浮上してきた課題

日本人は英語が苦手です。
普段の生活が日本語のみで済ませられるので、英語力を身につける必要がないのもその理由の一つです。
しかし、それよりもきちんとした英語教育ができていないのが一番の問題だと言われています。
中学校から大学まで、英語の授業はかなり多いにも関わらず、多くの生徒が英語力を伸ばせていません。
教え方に問題があると言わざるを得ないでしょう。
最近は、使える英語力を身に着けさせるために、ヒアリングとスピーキングを重視するようになりました。
これは、日本人の英語力改善に繋がる素晴らしい変化でしょう。
ですが、ここで一つの課題が浮上してきました。
ヒアリングとスピーキングを教えることのできる英語力を持った教員が少ないという課題です。
すでに英語教師として学校で教えている人たちをクビにするわけには行きませんから、彼らにいかにして英語力を身に着けてもらうかが問題となっています。
この問題を解決できれば、飛躍的に日本人の英語力が改善する可能性はあります。